不動産・カー・リースバックとは

不動産・リースバック
不動産・リースバックとは、所有されているご自宅・土地を弊社が買主として買い取り、お客様は賃貸として生活環境の変わらないまま過ごせる新しい不動産活用の選択肢です。
お客様がご所有の不動産を弊社へ売却し、弊社に対してリース料(家賃)を支払うことで、引き続きその不動産を利用する方法です。 また、買取代金は一括で支払いを行う為、急な出費の資金捻出の選択肢の一つとしてご利用いただいています。
不動産・リースバックとは

住宅ローンの残債や相続の問題などがあってもご対応可能です。

こんなお悩みをお持ちの方に、ご好評いただいております!

  • 長期ローンの返済が苦しいが、売却すると住む家がなくなってしまう。
  • 子どもの学区が変わってしまうと困るので、引っ越しができない。
  • ペットと今の暮らしを続けたい
  • 引っ越しはできないが、老後の資金を準備しておきたい。
  • 他人に知られないように家を売却して、資金を調達したい。
  • リバースモーゲージは条件に合わない。
不動産・リースバックのメリット
  1. メリット1 買取代金は一括でお支払い
    老後の生活資金の確保や、相続税の支払い、ご家族の学費、ローンの支払いなど、資金の確保に活用できます。 (※当社規定により一括でお支払出来ない場合もあります)
  2. メリット2 不動産売却がご近所の方に周知される事なくスムーズに手続き可能
    競売や任意売却の場合には不動産に競売の看板や売家の看板が立ち、関係者が頻繁に出入りするので住宅を売却した事実がご近所の方に周知されることがありますが、 不動産リースバックなら売却した住宅・土地をそのまま活用する事になる為、売却したことが近所に漏れることがありません。
  3. メリット3 買戻しが可能
    将来的にお客様が資金に余裕ができた場合、再度購入することもできます。
  4. メリット4
    メリット4 固定資産税がかかりません
    不動産を売却し所有者ではなく使用者になるので、固定資産税を負担する必要がなくなります。
  5. メリット5 生活環境を変える必要がありません
    競売や任意売却の場合だと引っ越しが必要になります。 お客様はそのまま売却した不動産を活用する事になるので日常生活を変えたり、引っ越しの必要がありません。
  6. メリット6 ローンより審査が通りやすい
    毎月のリース料の支払は必要ですが、消費者金融のように高い金利が付いて後から返済するのが大変だということも、原則として、ありません。 不動産リースバックの場合、経済状況が好転して資金に余裕が出てきたら、不動産を買い戻すことも可能です。 慎重にプランを組めばローンより良い資金調達方法になります。
不動産リースバックの評価理由
当社 不動産・リースバックがご好評いただいている理由をご紹介致します。
  • 賃借期間はお客様との相談で決まります。自由な賃貸契約を結ぶことができます。
  • リース料(家賃)はお客様の希望に添えるようにディスカッションを重ねて設定
  • お客様への現金化が早い
  • 調達した資金の使途に制約はございません。
  • マンションも取扱い可能!
不動産リースバックをお取り扱いできないケース
1.住宅ローン支払いが滞り、銀行や債権者様から差し押さえが入っている場合、原則として取り扱いができません。 いわゆる任意売却で検討されている方の取組みは原則不可となります。
2.住宅ローンの残債がご所有不動産の査定額(売却金額)よりも大きい場合 住宅ローンの残債がご所有不動産の査定額よりも大きい場合、土地・建物に設定されている抵当を抹消することができません。 この場合、その差額分を現金を追加でご準備を頂く必要があります。 残債は最初のお問合せの際のアンケートで御伺いさせていただきます。
3.お取扱が難しい地域の場合 弊社は、福岡県福岡市中央区にございます。 福岡県もしくは隣接する地域にてサービスを提供させていただいております。
リバースモーゲージと不動産リースバックの仕組みの違い
リバースモーゲージ 不動産を担保にした年金型の融資制度。不動産を手放すことなく収入を確保するための手段。受けた融資は、利用者の死亡、転居、相続などによって契約が終了した時に担保不動産を処分することで一括返済する。
不動産リースバック お客様が弊社に不動産を売却します。お客様は不動産の売上代金から債権者である金融機関にローンの残債務を支払います。その後、弊社と賃貸契約を結び、そのまま売却した不動産を活用する事ができます。
リバースモーゲージと不動産リースバックの比較
リバースモーゲージは『不動産を担保にしてお金を借り入れ、死亡後または契約期間終了後に不動産を売却して一括返済する方法』です。一方、不動産リースバックは『不動産を売却して現金を受け取り、売却後も引き続きそのまま活用し続ける方法』です。 つまり、受け取るお金が「借り入れ」なのか「売却代金」なのかというのが両者の大きな違いです。リバースモーゲージと不動産リースバックの主な違いは次の図のとおりです。 リバースモーゲージとは異なる仕組み
お客様のご希望に寄り添って対応させていただきます。
カー・リースバックとは
選べるリースシステム
選べるリースシステム
カー・リースバックのメリット
 
  • 1

    車両管理、車両の管理業務を大幅に合理化できます。

    全国のメンテナンス委託工場が、どこでも均質で確かなサービスをご提供いたします。また、車検・点検にかかるコスト管理や書類の発行、期日管理などインクリードが代行するため、お客さまは煩雑な業務から解放されます。
  • 2

    経理、売却損は発生しません。

    原則として、車両は帳簿価格で買い取りさせていただきますので、売却損は発生しません。したがって、会計上の損益に影響を及ぼすこともありません。また、毎月のリース料はすべて経費で処理できます。
  • 3

    財務、買取を有効に活用できます。

    カー・リースバックした車両はそのままご利用いただけるほか、インクリードがお支払いする買い取り代金は、そのまま一時資金として有効にご活用いただけます。

リースについて

リースとは

リースとは、〈お客様〉が〈メーカーやディーラー〉など売主との商談により決定した物件を、〈インクリード〉が購入し、賃貸するシステムです。

※通常行われているリースはファイナンスリースといいます。契約期間中の解約は原則として禁じられています。 リースの簡単な流れ | 株式会社INCLEAD
リース・割賦・レンタルの違いは?
リース(ファイナンス) 割賦(分割払い) レンタル
目的 事業に必要な 設備等の導入 事業に必要な 設備等の導入 物件の一時使用 (レジャー・イベント等)
契約期間 中長期 中長期 短期(時間・日・週・月単位)
対象物件 ユーザーが選定 ユーザーが選定 レンタル会社の取扱い品
中途解約 不可 不可
ユーザー 特定先 特定先 不特定多数に反復貸与
所有権 リース会社 割賦代金完済時に ユーザーへ移転 レンタル会社
保守 ユーザー ユーザー レンタル会社
資産計上 リース会社にて 資産計上 ユーザーにて 資産計上 レンタル会社にて 資産計上
ユーザーの 費用処理 リース料を損金処理 減価償却、支払利息として損金処理 レンタル料を損金処理
リースのメリット
1. 多額の資金を調達する必要がなく資金にゆとりが生まれます 設備調達の際、リースなら多額の資金を用意する必要がありません。月々のわずかなリース料のお支払だけですみますから、留保資金をふやすことができ、より効率の良い資金運用が可能となります。
2. 100%の融資効果があります 借入金で購入する場合は100%の融資を受けられないことがありますが、リースなら100%の融資と同等の効果が得られます。しかも、銀行の貸出枠に影響を及ぼしません。
3. 機械設備の陳腐化が避けられます 機械設備の将来の陳腐化を考慮し、経済耐用年数にあわせてリース期間を設定すれば、常に最新鋭の機種を活用できます。
4. 予算枠にとらわれずに新しい機械設備が導入できます 従来の予算枠内でリース料を処理することにより、新しい機械設備を容易に導入でき予算をより有効に活用できます。
5. 金利変動リスクが回避できます リース期間中のリース料は原則固定のため、月々のお支払額が平準化でき、金利変動リスクが回避できます。
6. 適正に物件処分ができます リース満了後、リース会社にリース物件を返還することにより、リース会社が廃棄物処理法など環境関連法制に従って物件を適正に処分します。
7. 事務の合理化を推進します 機械設備の購入には、煩雑な事務が伴います。リースを利用することにより、各種事務負担の軽減ができます。