不動産任意売却のご案内

物件の売却時に発生する手数料は、売却代金から差し引かれます。  | 株式会社INCLEAD
任意売却の流れ
早期売却の秘訣は、的確な査定価格

ご相談の時期が早ければ早い方が解決できる確率が高くなります。
まずはインクリードまで、お気軽にご相談ください。

任意売却とは
任意売却は債務整理のひとつの方法です。

おひとりで悩まず、まずは相談ください!

弊社は、不動産債務処理を中心に負の資産(不良債権不動産)処理を行う任意売却を専門とする不動産仲介業者で、主に住宅ローンの不良債権処理を行っております。 債権処理とは債務者の不良債務を少なくし、また債権者の不良債権を少しでも多く回収することが重要です。 不良債権の複雑な権利関係の調整を行い売却を可能にすることで、関係者に多くのメリットをもたらし、不動産市場にも大きく貢献出来ると考えております。 皆様の権利、利益を守り、債務者の再出発のお手伝いをさせて頂いております。



貴方の現在の状況は?

現在、住宅ローンのお悩みをお聞かせください。
弁護士や司法書士にご相談中でも、お気軽にご連絡ください。

レベル1、住宅ローンの返済が滞る


住宅ローンの返済を延滞し滞納になる。
【この時点でご相談いただくと、解決できる可能性が非常に高くなります。】

レベル2、ローンの一括返済請求


3〜6ヶ月の滞納で、残債務の一括返済の請求が届きます。
※「期限の利益の喪失」として一括返済を請求されます。

レベル3、競売開始決定通知


裁判所から「競売開始決定通知」が届きます。 少しでも早く、ご相談ください



任意売却のメリット!

任意売却には、競売よりもオススメするメリットがあります。



売買価格が市場価格に近い。

競売より多くの住宅ローンが返済できる。

引越しの時期を考慮してもらえる。

引越し代等が捻出されます。
※弊社の場合他者より多くお渡しできます。

債権者、債務者の双方が円満解決を目指す売却方法です。

競売のように周りの人に知られることがありません。
※競売は、新聞・インターネットで公表されます。

競売より、精神的・金銭的な余裕があります。

競売の時間説明
競売開始決定通知書が届いてからでも間に合います!
「担保不動産競売決定通知書」が届いてからでも任意での物件売却をすることは可能です。
ですが、この通知を受け取ったあとは、時間との競争になります。そのまま放っておくと「期間入札」の通知が送られてきますので、それからの売却では事務手続きの問題などで困難になります。
また、債権者によっては、競売申立後の任意売却を認めない場合もありますので、何よりも速やかに行動を起こすことが大切です。


任意売却の特徴
任意売却の特徴をご紹介します。