太陽光発電事業

太陽光発電事業のメリッ卜

平成25年度中の導入で買取側絡は20年間固定

平成25年度中に移入したシステム容量10kW以上の発電設備が発電する全量を「20年間」にわたって、1kWあたり37.8円で買い取ることが保証されています。

設備費用が全額一括で償却可能

前払いのメンテナンス費用を含めて、設備費用を全額経費としてー括償却が可能。

相続税対策や減税対策の効果が期待

◆個人の場合◆
購入資金を借り入れることで、相続税対策としての効果が期待できます。
また、個人事業主であれば、即時償却ができるので、資産の減少が図れます。

◆法人の場合◆
設備を導入した費用を即時償却できます。
また、グリーン投資税制による税額控除等も受けられます。
※静しくは、税務署、税理士等にお尋ねください。


太陽光発電の仕組み

太陽光発電とは太陽電池を使用した発電のことです。
太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを電気エネルギー(直流)に変える太陽電池と、その電気を直流から交流に変える変換装置(インバータ等)で補成されています。
現在、わが国で多く利用されている太陽光発電システムでは、発電した電気は建物内で使いま すが、光の当たらない夜間や雨天時に不足する電力は電力会社から供給を受けます。

余剰電力が発生した場合には電力会社からの引込み線に戻し、このときの電力は電力会社が買 い取るシステム(系統連系システム)が一般的となっています。

再生エネルギー全量固定買取制度とは

事業所などの非住宅における太陽光発電システムを導入し発電した電力全てを電力会社に一定の価格で買い取ることを義務付ける制度。

◆正式には「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」で、震災当日の3月11日午前に閣議決定

1.法案の背景・目的
エネルギー安定供給の確保、地球温暖化問題への対応、経済成長の柱である環境関連産業の育成のためには再生可能エネルギーの利用拡大が急務であり、 昨年6月に閣議決定された「エネルギー基本計画」、「新成長戦略」に盛り込まれている再生可能エネルギーの固定価格買取制度を導入する。

2.法律案の概要
再生可能エネルギー源を用いて発電された電気について、国が定める一定の期間・価格で電気事業者が買い取ることを義務付ける。 また、買取に要した費用に充てるため各電気事業者がそれぞれの需要家に対して使用電力量に比例した賦課金(サーチャージ)の支払を請求することを認めるとともに、 地域間でサーチャージの負担に不均衡が生じないよう必要な措置を講じる。

*現行の余剰電力買取制度で既に電気代のうちに「太陽光発電促進付加金」が含まれています。

現在政府で審議中の「再生可能エネルギー特別措置法案」は参院審議を経て、8月26日に成立。



img_02-1

分譲型太陽光発電

土地を自分で確保する必要のない新しい事業の形
低圧から特高まで当社保有案件100メガ以上

太陽光発電の設置場所に悩まずとも発電所オーナーへ。
全国の日射量と発電量をリサーチし、高い売電収入が期待できる優良な条件の土地付き太陽光発電設備をご提供いたします。

【分譲のメリット】

  • 電力会社申請済みの物件です。

  • 日射量の高い土地での発電所をお選びいただけます。

  • 40円36円(税別)案件有


【仕様】

  • 太陽光パネル:主に国内メーカーを使用しています。

  • 保証:25年出力保証、10年製品保証、10年経済損失(逸失利益)保証制度有。